HOME > works1-野木の家

野木の家/栃木県野木町

リビングからダイニングコーナーを見る

野木の家は西川材として知られた埼玉県飯能地域の杉や桧をい、山と大工さん、設計者が手を結んだネットワークによる住まいづくりを試みています. 日本という気候風土に培われた在来軸組工法、室内に構造体を 素直に現した真壁構造としていますが、伝統的な継手を取り入れたプレカットの採用やパネル工法による合理化、太陽熱を積極的に取り込んだ空気循環システムを取り入れるなど健康で高性能そしてローコストな住まいを目指しています.通し柱や大黒柱、土台は桧、それ以外の柱や梁は全て杉で、特一等と呼ばれる並材です. 多少、節が目立ちますが大断面の杉の無垢材は温かみもあり充分な存在感を持っています。直接、触れる床にも杉や桧の無垢材を使いました. 大部分の天井も杉材です.伝統的な真壁構造としているので室内に現れたこれらの木材の調湿効果も期待できます。木材の呼吸を妨げないように床などの仕上は塗膜をつくらない荏油(えごまからつくられる天然の油)を使いました.

リビング

*左側の白い円柱はソーラーダクト主要な仕上は自然素材でまとめ、裏方となっているパネル素材の合板類は全てF1と呼ばれるの低VOCタイプを使いシックハウス対策を行っています. このパネル工法は工事の合理化をはかる一方、断熱工事においても確実な断熱施工を容易なものとすることにも大きな役割を果たしています. 在来軸組工法による内断熱では構造上、完璧な断熱施工には各部位の取合い個所など細部において充分な注意をはらう必要がありますが、パネル工法ではパネル内の断熱材充填のみで比較的簡単に断熱、気密化をはかることができます.

玄関

玄関扉は杉柾目板のフラッシュ戸、床は昔なつかしい豆砂利洗出し仕上、アクセントに近くの河原で拾ってきた小石を花弁状に並べました.

キッチン

左側は既製のローコストなシステムキッチン、右側はランバーコアのシナ合板で大工さんに作ってもらった食器棚.

*建具はポリカ中空シートとランバーコアシナ合板を切って入れただけ

リビングと連続した寝室

計画上の特徴としては居間、食堂、水廻りや寝室など主要な部屋は全て1階に置き、同一フロア内に段差を設けないバリアフリープランとしています。コストのことも考慮し2階は個室群のみとし、あえてトイレ等の水廻りを設けていません. (これはこの家に限った割り切りですが、1階のみで全てを完結させる高齢化対策でもあります)ホール⇔キッチン⇔リビング⇔寝室⇔洗面所⇔ホールと、ぐるりと1階を一回りできる回遊式のプランも特徴のひとつになっています.

ハーフユニットを使った浴室

浴室はハーフユニットを使い上部壁、天井は桧縁甲板張としています. 大きなFIX+片開き窓の外部には目隠し塀を設けて坪庭風にしつらえ入浴を楽しめるようにしています.

2階の設計室

2階は屋根勾配なりの勾配天井としてボリューム感のある空間となっています. 左側の白い円柱は屋根で集熱した暖かい空気を1階床下に送る簡易ソーラーシステムの縦ダクト.

2階の階段ホール

2階の床、天井は杉縁甲板張り、壁はプラスターボードに水性のエマルジョンペイント仕上のローコスト仕様<マットな仕上がりなので見ようによっては漆喰塗りの壁のようにも感じられる>

南側外観-ウッドデッキを見る-

太陽熱を利用した空気循環システムは、軒先から取り入れた新鮮な空気を屋根面で暖め、棟にある集熱ダクトに集めます。暖かい空気はここから縦ダクトで1階の床下に送り床面にある吹出口から放熱しますが、その際に基礎コンクリートや1階の床下に設けられたアクアレイヤーと呼ばれる水の層に蓄熱されます。夜間は外気の取り入れはやめて内気循環となり日中、蓄熱された熱を利用することができます。補助熱源は深夜電力を使ったアクアレイヤーシステムとヒートポンプを併用しています。

南側外観全景

概要

構造規模 :木造2階建て

敷地面積 :152㎡

1階床面積: 67.80㎡

2階床面積: 52.90㎡

延べ床面積:120.70㎡

□主な外部仕上

屋根:カラーガルバリウム鋼板葺

外壁:ラスモルタル金ゴテ

        ジョリパット吹付け

   一部 唐松難燃処理縁甲板張

建具:アルミペアガラスサッシュ