HOME > works1-松が丘の家

松が丘の家/茨城県守谷市

土間玄関/リビング方向を見る

*明るく開放感のある南向きの土間玄関この家のポイント、南に面した明るい土間玄関です. 打合せの中でプランは色々と変わりましたが、最後まで残ったのがこの土間玄関と家の中心にある7寸(21cm)角の通し大黒柱です. 構造体は2間 (3.6m)角の正方形の空間が4つ集まって構成される田の字型のフレームとその中心にある通し大黒柱で構成されています. シンプルな構成ですが、居間、食堂、土間玄関は障子のパーティションで仕切られ、それぞれにもワンルームにもその姿を変える事が出来るようにしており多様な使い方を可能としています.

リビング

この家の特徴はシンプルな田の字プランの骨格と、その中心にある7寸角の通し大黒柱が要となっています. 大黒柱を中心として南西側の居間、東側の食堂・和室、南東側の明るい土間玄関、北西側が水廻り及び階段、北東側が台所とわかりやすいシンプルなプランです. シンプルですが障子パーティションの扱いによってそれぞれに分けたり、あるいは連読させたりと変化にとんだ多様な使い方が可能なように工夫しています.




ダイニングからキッチン方向を見る

台所はカウンターキッチンとしている. 北面は45cmほど外部側に張り出しその部分をトップライトとしているので北側の台所でも暗さは感じられずかなり明るい.


ダイニングから土間玄関方向を見る

正面が土間玄関. 左側の障子パーティションを閉めれば独立した食堂となる. 右側が居間、左側が和室.

浴室

ハーフユニットバスを採用、上部は桧縁甲板張りで温泉気分.

2階ホール

階段ホールの廻りに個室、納戸、トイレが配置されている.

2階寝室

2階は予算の関係もあり壁塗り(珪藻土)をお施主さん工事としました. 壁塗りは初めての試みなのでそれなりに苦労はありましたが、左官屋さんの指導のもと和気あいあいと楽しく出来ました.

□ 主な内部仕上
床:桧縁甲板張り
壁:石膏ボード下地珪藻土塗
天井:杉板張り

南側外観


概要
構造規模 :木造2階建て
敷地面積 :191㎡
1階床面積:62.93㎡
2階床面積:46.27㎡
延べ床面積:109.20㎡
□主な外部仕上
屋根:カラーガルバリウム鋼板葺
外壁:ラスモルタル金ゴテ
       ジョリパット吹付け
    一部 難燃処理杉板貼
建具:アルミペアガラスサッシュ